病院機能評価受審支援

ご挨拶

病院機能評価は機能種別評価となり今までと大きく変わりました。どのように準備していいのか不安を抱えておられませんか?弊社は九州で圧倒的な合格実績(100軒以上)を持つ河野友治氏と協働しており機能種別評価以降も10軒以上の病院様のお役に立っております。毎月のプロジェクト会議や現場ラウンドで豊富な経験を貴病院様にご提供できます。

病院機能評価とは、一定の評価基準に基づき、財団法人日本医療評価機構が病院の機能及び医療の質について評価をおこなう制度です。病院機能及び医療の質についての現状分析・把握と改善の機会を提供するのが目的ですが、単に認定証の取得を目的とするのではなくて、組織を変えるための効果的・効率的な手段として病院機能評価取得・更新支援のお手伝いを行っております。なかなか開催できないとお聞きしています【倫理】研修も承っております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

合同会社Humanwings 岡本 雅史

 

 

新たな評価方式へのチャレンジ

病院機能評価は第3ステージへ

病院機能評価は大きな転換期を迎えました。

医療機能評価機構としては、新しい評価のあり方を模索しつつあるようです。

新評価方式で成功するかどうか機構としても模索中のように感じましたが、日本の医療を良くするために、今後は機構側と病院側が共に考え取り組んで行こうとしている姿勢が覗えました。

 新評価方式ではサーベイヤーとの「話し合い」を重要視しているようです。機構の説明会では、病院とサーベイヤーとの真剣勝負という表現を用いていました。医療監査と違い、一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションが求められています。

今後は病院側からの、より積極的なアピールが重要と考えられます。

 

第三世代:機能種別評価Ver.2.0

   ⇒病院の特性に応じた機能種別を選択し、プロセス重視の審査となります。

   さらに、継続的な質改善活動の支援が強化されました。(3年目に中間確認)

機能種別審査とは?

※最も病床が多い機能を選択することが原則です。

※主たる機能種別以外に重要な機能がある場合は、複数同時受審が可能です(副機能)

支援方法

【受審1年前から】

月次プロジェクト委員会開催

(各部署からのリーダー参加、弊社から1名~2名参加します)

【受審6ヶ月前から】

現場ラウンド実施

問題点の把握と改善のアドバイス

【受審1ヶ月前】

模擬サーベイ実施。本番同様に行いますので最終確認が可能です。

※合格まで豊富な実績を元に最新の情報をご提供させていただきます。

※病院様の状況により必ずしもこの限りではございません。

スタッフ紹介

河野友治 (かわの ともはる)

合同会社HumanWings 専任講師

医療コンサルテーション
病院機能評価ナビゲーター

略歴

昭和24年2月10日生まれ ・・みずがめ座 A型

昭和42年大分舞鶴高校卒

昭和47年明治大学法学部法律学科卒

医療機器商社時代に新規開業・経営相談・病院機能評価を担当

新規開業、コンサル先100件を越える

病院機能評価受審支援、コンサル先(九州管内)延べ110件を越える

 趣味: 抜刀術、オーディオアンプ設計・製作、車

 

岡本雅史(おかもと まさふみ)

合同会社Humanwings代表社員

平成25年10月会社設立

元医薬品商社勤務

略歴

昭和36年1月5日生まれ ・・やぎ座 B型

昭和58年大阪産業大学経営学部卒

同年医薬品商社入社  大阪、兵庫、福岡、宮崎で勤務

医薬品商社時代より病院、開業医、調剤薬局で接遇、リスクマネジメント、

薬剤師、コミュニケーション研修開催(100件を越える)

新規開業・経営相談も多数担当

河野氏と出会い、宮崎県の4病院で病院機能評価支援の他、九州各地で実施。

現在に至る

趣味: 旅行、ゴルフ、車

 

無料電話相談実施中です(30分以内)

次の受審まで時間があまりない(緊急対応)

具体的なコンサル料金を聞きたい

地方だけど来てくれるのか?

お気軽に以下の電話番号もしくはメールフォームにてご連絡ください。

ヒューマンウィングス

〒542-0081

大阪市中央区南船場4丁目10-5-702

さらに最新の情報は専門ホームページでも掲載しています。
こちらも合わせてご覧ください。